上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     バグもなく、動作は快適になる。

     加えて邪魔なプリインアプリはアンインストール可能。

     と、いうことで重い腰をあげて2.3.3へのUpdateへ踏み切りましたが・・・



     Update後にrootが取得できてない



     (  ∋ )  ゚ ゚

     原因はPC用の付属アプリPC Companionからやってしまったかららしい。

     まぁ、設定ファイル弄ってた部分もあり本体側のUpdateでは失敗するだろう、という打算的な考えとちょっとした好奇心からの試みでしたが見事に自爆\(^o^)/

     とりあえずこのままでは・・・

     ・要rootアプリが使えない
      (Titanium Backup、AutoKiller Memory Optimizer・・・ry

     ・テザリングが使えない

     ・しょぼいカメラのシャッター音がついてくる(まぁ、これはどうでもいい

     普通に使うだけならばこの辺りは特に問題ないでしょう。

     しかし、使えなくなったアプリにはバックアップ用のソフトもある訳で。

     手間がかかりますが、再度rootを取得する為、2.3.2にダウングレードを行いました。

     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 注 意 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
      中の人は作業メモとして残しておく事が目的です。

      この手の記事ではお約束自己責任で行ってください。
      万が一失敗しても私は一切の責任を持ちません。
      充分に考慮してから行ってください。
      メーカーの保証の対象外になるかと思われます。
      この作業を行った場合、全てのデータは初期化されます。
      
      情報元
      [TUT]how to get rooted 2.3.3 with locked bootloader – xda-developers

      ・開発環境の準備
       Gingerbreak実行時に必要になる可能性があります。
       難しくはないので、rootを取ろうとしている人は準備しておいたほうが良い。
       

      ・FlashToolの導入
       上記URLから『FlashTool_0.2.9.1.exe』
       作業PCの任意の場所に解凍。
      
      ・2.3.2ROMの準備
       2.3.2DoCoMoROMは自分で作るなり、落としてくるなりで用意する必要があります。

       一応ここから落としてくることが可能です。
       情報元  
       参考元:XDA、[Q] Japan Arc no unlock key screen
       DL先
       LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.rar
       loader.sin 

       上記からDownLoadした場合、LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.rarを解凍して出来たLT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.ftfを7-Zipで開き、開いたftfの中にloader.sinをドラッグ&ドロップして上書きして7-Zipを閉じる。 

       用意したROMはFlashToolの作業ディレクトリ『firmwares』にコピー。

      ※xdadevelopersからのファイルダウンロードにはユーザ登録が必要です(無料)

      ・FlashToolを起動
       ①『Flash』ボタンをクリック
       ②『OK』をクリック
       ③『XperiaArc』本体の『バックキー』を押しながらUSB接続をする
       ④『作業PC側』で画像が消えたら放す→処理開始。
       ⑤処理終了後、2.3.2化完了。

      ・2.3.2でroot取得
       Gingerbreakインストール(Ver1.20)
        ①apkファイルをSDカードにコピーし、適当なExplorerを利用してインストール。
        ②提供元不明のアプリをインストールを許可する
         (設定→アプリケーション設定)
        ③USBデバッグを有効にする
         (設定→アプリケーション設定→開発)
        ④Gingerbreak起動
         『Root device』をタップ→自動で再起動→root取得

          ※再起動には結構な時間がかかる場合があります。

     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 注 意 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     ダウングレード後はXperiaArc側からソフトウェアの更新で無事に2.3.3に。

     rootも問題なく取得できていました。

     今回はちょっと安易に考えすぎた、反省せねば。



    2011.8.17 追記
      『LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.rar』を解凍
        ※当方では、『Universal Extractor』というツールを使用しました。
        ↓

      『LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.ftf』を右クリックで『7-zip』⇒開く。
        ※『7-zipを事前にインストールしておいてください。』

        ↓

      7-zipにて『LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.ftf』を開いたSSとなります。
      ここにloader.sinをドラッグ&ドロップしてください。

    110723_Tuiki_A.jpg

      確認のダイアログが表示されますので、『はい』を選択してください。

      以上の操作手順となります。
    スポンサーサイト


    コメント

    1. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 22:40 )

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。